チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は数年前まで「うつ病」と診断を受け、約5年間精神科に通院していました。

<うつ病の低年齢化>

何か所か転院もし、色々な病院へ行きました。

すると、私よりもはるかに若い、学生さんが精神科に親御さんと通院しているの度々みかけました。

私も子供がおりますので、親がうつ病だと子供もうつ病になるのでは?と心配したこともあります。

調べてみると、うつ病の低年齢化は年々進んでいるようです。

約2万人の子供を対象にした調査では、の2.6%が小・中学生だというデータもありました。

うつ病は最近の病気と考えていましたが、ここまで低年齢なのかと驚きました。

思春期などとも大きな関係があり、「引きこもり」ととらえていたら実はうつ病だったというケースも多いそうです。

では、子供のうつ病は大人のうつ病と何が違うのでしょうか?

<大人と子供のうつ病の症状の違い>

%e3%80%8c%e3%81%86%e3%81%a4%e7%97%85-%e4%b8%ad%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e7%b5%90%e6%9e%9c-yahoo-%e6%a4%9c%e7%b4%a2%ef%bc%88%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%89

 

大人のうつ病でよく聞く症状は「落ち込みが激しく気力が無い、寝込んでいる」などが良くあります。

しかし、子供のうつ病の場合は少し違う症状があるそうです。

子供の場合は、年齢が低くなるほど自分の症状をうまく周りに伝えられないようです。

その為、【腹痛】や【頭痛】といった身体的症状を訴えることがきっかけになることがあるそうです。

それは、落ち込みや憂鬱な気持ちを伝える手段が分からないからだともいいます。

また、身体的症状を訴えるほかにも、イライラしたり暴力的になったりする子供もいるそうです。

自分の心の状態をうまく伝えられないからかもしれません。



スポンサーリンク


そして、一人でいることを好むようになったり、部屋に閉じこもったりする事もあります。

思春期は特に、心の状態が不安定でうつ病のきっかけになり得る原因が起きる時期でもあります。

その時はなんとかやり過ごしても、大人になってからうつ病を発症したり再発したりしてしまうそうです。

<子供の状態を理解する>

%e3%80%8c%e6%af%8d%e5%ad%90%e3%80%8d

先ほども述べましたが、年齢が低くなればなるほど自分の心の状態はうまく伝えられません。

そして、思春期になれば、それを大人に伝えることをしたがりません。

では、どうすれば子供のうつ状態に早期に気付くことができるのでしょうか?

女の子の場合は【摂食障害】や【悲しみや怒りを物に当たり散らす】【泣き叫ぶ】という症状があるそうです。

男の子の場合は【親や身近な人に暴力的になる】ということがあるそうです。

どちらもただ叱りつけたりするのではなく、その裏にある悲しみや辛さを聞き出してあげることが大切です。

また、表に出さずに【抑うつ状態を見せたがらず部屋に引きこもる】という子供も多いそうです。

どちらにせよ、身近な人が変化に気付くことが重要となっています。

そして子供の場合は【発達障害】という別の病気の可能性も出てきます。

うつ病と発達障害は密接な関係にあるということが分かっています。

理不尽に怒られたり、周りの子が出来ることが自分だけ出来ないなど、自己評価が低くなりうつ病を併発してしまうそうです。

自分の子供がうつ病なんて・・・と思う方もいるかもしれません。

しかし、子供の一番の身近な存在で理解者である親がいち早く変化に気付き対応することがとても大切だと考えます。

うつ病を発症してしまった子供に対応しているうちに、親が参ってしまうケースも多くあります。

子供だからうつ病になんてならない、という事は決してないことを理解し対応することが健やかな子育てへと繋がると考えます。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク