チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は、約5年間精神科にうつ病と診断を受けて、通院していました。

<うつ病とは長い付き合いのもの?>

現在は回復し、社会復帰も果たしましたが一時は入院を勧められたり酷く悪化した時期もありました。

「本当に治るのか?一生こうなんじゃないか?」

と悩んだ時期もありました。

うつ病には【急性期】と呼ばれる症状が酷く出ている状態と【回復期】という段々と良い方向に向かう時期があります。

急性期の時は、本当に辛く心も体も症状が酷く本人も周りの人も大変な時期だと思います。

そして回復期には、段々と行動範囲が広くなったり、コミュニケーションが取れるようになったりします。

しかし、あくまでも回復期であって【完全な回復】ではないのが重要なところです。

私も「もう大丈夫」と勝手に病院へ行くのをやめ、すぐに再発状態に陥り、病院へ再度通院したことがあります。

無理は禁物と言われていたのにもかかわらず、自分が社会から取り残されるのが怖くて焦っていました。

<うつ病の回復期に注意すべきこと>

「夫婦 うつ病」

急性期は、誰の目から見ても分かるほど症状が悪いので「この人はうつ病だ」という認識が本人にも周りにもあります。

しかし、回復期になると理解の浅い人や他人からすれば「普通の人」という風に見られがちです。

それが、本人の焦りにもつながるのかもしれません。

周りが治ったと思って接してくれているのだから、もう病院へ行かないほうがいいのかもと思ってしまうこともあります。

色々な事情で早く社会復帰をしなければいけないと、焦ってしまう方もいると思います。

しかし、回復期にうつ病の薬を急に飲まなかったり、少なくしたりすることはかえって逆効果となりえます。



スポンサーリンク


私も病院の医師に「もう薬はないか?」と聞いたことがあります。

あまりにたくさんの薬を服用していて、薬に頼り切っているのが悪いことのように思えてきたからでした。

しかし医師は「睡眠薬などは調整しても良いが、抗うつ剤は回復してからもある程度継続して服用しなければいけない」といいました。

あとで調べてわかったことはそれは【維持療法】というのだそうです。

うつ病の方が本当に回復するためにも、急な減薬・断薬はしてはいけないのだとわかりました。

<うつ病はつきあっていくもの>

数年うつ病と闘っていた私ですが、パートやアルバイトの仕事から徐々に社会復帰をしていきました。

急に薬を止めて悪化した経験があったので、医師と相談しながら薬を減らしていきました。

私に限ったことかもしれませんが、私はとても不安が強く、対人恐怖症とパニック障害を併発していました。

ひとつの不安が解消されると、また別の不安が出てくることがとても辛かった時があります。

そんななか、一つ気付いたことがあります。

回復期に少し自分のことを客観的に見ることが出来るようになった時に考えたことです。

「自分で不安を探しているのではないか?」ということです。

それに気付いた時にふっと雲が晴れたような気持ちになりました。

今まで医師にカウンセリングを受けていても納得できなかったり、うまく飲み込めなかったことが理解できたような感じでした。

その時から自然とカウンセリングの内容も、前向きなものとなっていきました。

回復期に「治った」と過信せず、医師に判断をあおぎながら減薬していくこと。

そして、回復期になった時こそ自分の心の中を客観視してみること。

人はそんなに簡単に前向きにもなれないし、変われません。

私も前向きになれたからと言って不安が消えることは、今もありません。

しかし、自分を理解し前に進もうとすること自体が、本当の回復へ向かう一歩なのかもしれないと考えています。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク