チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は数年前までうつ病と診断され長期間精神科へ通院していました。

<うつ病と女性>

通院中たくさんの薬を処方され、服用していました。

私はもともと婦人科が悪く、手術を3回ほど経験しています。

その為、ホルモン剤や鎮痛剤など婦人科でも数種類の薬を服用し、通院していました。

精神科にも婦人科にも双方へ薬の服用していることを「お薬手帳」を見せて知らせました。

そして、どちらにも影響の無いように配慮してもらいました。

しかし、たくさんの種類の薬を服用したことでの、胃の不快感などもありました。

女性特有の精神科患者の悩みというのも、多くあると思います。

その大きな悩みのひとつが【妊娠】だと思います。

私は、子供を一人産んでから数年たったのちに、うつ病と診断されました。

それまでは、常用している薬などもなく、元気な子供を授かりました。

しかし、出産時のトラブルが原因で婦人科通いをする(現在も)ことになりました。

<うつ病を発症してからの妊娠>

%e3%80%8c%e5%a6%8a%e5%a8%a0

うつ病を患っているかた、妊娠・出産をしてから患った方、様々なケースがあると思います。

その中でも、精神科の薬を服用中に妊娠が分かった方は本当に心配なさると思います。

例えば、抗うつ薬だけでも数種類、それに加えて安定剤や睡眠薬など精神科では症状に合わせて本当に多く薬が処方されます。

それがもし胎児に影響を与えたらどうしよう・・・と心配になるのは当然のことです。

インターネットで検索すると「うつ病の薬を飲んでいたけれど元気な子供が産めた」という声も見受けられます。

しかし、全く影響がないわけでもないのが現状です。



スポンサーリンク


そんな時は妊娠が分かり次第、勝手に薬の服用をストップするのではなく、すぐに精神科の医師に相談するべきです。

精神科の薬は急な減薬・断薬によって様々な影響があるものが多いです。

それがうつ病の症状を悪化させたり、ただでさえホルモンバランスが崩れる不安定な時期に悪影響を及ぼしかねません。

比較的安全な安定剤や心理カウンセリングを密に行ってもらうことで、安定した妊娠生活を送れる可能性も高いと思われます。

自己判断での薬の調整は絶対に避けるべきだと考えます。

<妊娠・出産後のうつ病の発症>

そして、なんの症状もなく無事に妊娠・出産をしても、その後うつ病を発症するケースもあります。

【産後うつ】などという言葉もあるほど、女性にとって妊娠や出産は精神的にも大きく影響します。

私も慣れない嫁ぎ先での出産と子育てで【産後うつ】になりかけてパニック障害を起こしたことがあります。

本当にうつ病と診断されたのは、度重なる婦人科のトラブルで手術を3回もしたことも原因の一つだと今は考えます。

心の状態は自分ではなかなか気づきません。

ましてや、お腹に子供がいる状態では、母親として自分のことは後回しにしてしまうこともあると思います。

しかし、母親が健やかでなければ子供も健やかに育ちません。

私は、子供が少し大きくなってからのうつ病の発症でしたが、それはそれで子供に本当に心配をかけました。

今は、毎日楽しく仲良く暮らして笑い話にさえなっていますが、「本当に毎日心配だった」と言われます。

だからこそ、自分のことを後回しにせず、医師の診断(婦人科の医師でも)をあおぐことが大切です。

そして、周りの協力が絶対に必要になるので、それも無理をせず頼る所は頼っていくことが重要だと思います。

女性にとって、人生の大きな出来事のひとつである妊娠や出産に「うつ病」という先の見えない大きな壁が立ちふさがると、とても不安だと思います。

気持ちを前向きにもってゆったりとした気持ちで、うつ病と向き合うことが大切だと考えます。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク