チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は数年前までうつ病と診断を受け、精神科に約5年間通院していました。

<うつ病と抜毛症>

その経験上、色々な精神疾患や薬などを調べるようになりました。

今は社会復帰をし、無理のないように働き、家事も両立しています。

しかし、あの時の辛く困難だったことを自分なりに客観視したいと考え勉強しています。

なぜならば、自分ではその当時病気だと信じていなかったからです。

辛いのは自分だけと思う事すら申し訳なく感じていて、悲観的に生きていました。

ですから、病気を理解しようとか薬を理解しようという気持ちになれなかったのです。

現在は、医療関係に長年勤めていた経験もあるので、色々と調べたりしています。

その中で「うつ病」と関係の深い、他の病気のことも目に留まるようになりました。

特に多いのが「強迫神経症」やそれに付随する「抜毛症」などです。

<抜毛症(ばつもうしょう)とは?>

%e3%81%86%e3%81%a4%e7%97%85-%e6%8a%9c%e6%af%9b%e7%97%87

抜毛症という字を見ると、円形脱毛症などのストレスやショックからくる症状を思う人が多いかもしれません。

しかし、抜毛症は自分で自分の毛を抜いてしまうという病気です。

これは髪の毛だけでなく、まつ毛や眉毛などにもおよび、抜きすぎて皮膚が脱毛状態になってしまう病気です。

毛を抜くのをやめることが出来れば、症状は改善し、毛もまた生えてきます。

しかし、この抜毛症は心の状態と密接な関係にあり、うつ病の人や強迫神経症の人にも見られる症状でもあるのです。

そして、学童期の子供にも多くみられる症状で、一緒にチック症状や指しゃぶり、爪かじりなども見られることがあります。



スポンサーリンク


抜毛症は以前は抜毛癖(トリコチロマニア)と呼ばれていましたが、現在は癖ではなく病気という認識でアメリカの精神医学会の診断基準となっています。

毛を抜くという行為は、ストレスからくるものだったり、何気なく抜いていたら癖になっていたり、退屈や不安を和らげるためだったりと様々です。

この抜毛症を防ぐ方法はどんなものがあるのでしょうか?

<抜毛症の治療>

抜毛症かもしれないと自分や周りが気付いた時には、精神科が担当になります。

それは、うつ病や強迫神経症が関係しているという説があるため、心の専門医に診てもらうことが大切だからです。

先ほど学童期の子供に多いと書きましたが、もちろん大人にも起こります。

子供の時になって、それが何年も大人になるまで続いているというケースもあります。

抜毛症の治療のひとつは「薬物療法」です。

抗うつ剤を処方されることがありますが、子供の場合は服用する量などにも注意が必要です。

そしてもう一つの治療方法は、「認知行動療法」です。

認知行動療法とは、自分が毛を抜いているということに気付くことから始めます。

無意識に抜いてしまっている場合もあるからです。

そして、毛を抜いているという事に意識をさせ、その時の心理的状況を理解するようにします。

例えば特徴的な出来事があった時に抜いている、気分や感覚がいつもと違う時に抜いているということが無いかを自分で気付くようにするのです。

そしてそれを記録することで、自分でこんな時に抜くことが多いということが理解できます。

原因がわかると対処が出来ます。

一人でいると抜いてしまうという人には、家族といる時間を増やしたりという対処をとります。

それでも抜きたくなった時には、他の気を紛らわす方法を考えたりします。

両手を使うことをしてみたりすることで、段々と毛を抜くという行動から遠ざかるのです。

この抜毛症の治療は、回復すると目に見えて毛が生えてくるので、鏡で見たりするとやる気が起きてきます。

そういう励みをもって、治療に専念することで心も健やかになっていくのではないかと考えます。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク