チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

突然ですが、私は東北人なのでとてもお酒が大好きです。

<うつ病とお酒>

晩酌もしますし、仲間と飲みに出かけたりもします。

現在は社会復帰もして仕事も無理のない範囲で働いていますが、数年前までうつ病で通院していました。

精神科の薬を服用しながらの飲酒は、良くないものと知りながらも唯一のストレス発散とばかりに飲んでいました。

うつ病と診断されてから約5年間ほど通院し、状態が悪化した時には入院も勧められました。

楽しいこと=お酒を飲んでワイワイすること、と勘違いしていた私は、病気の理解のある友人と家で飲酒をしたりしていました。

あまり外に出られない時期もありましたが、友人がお酒をもって自宅に来てくれたりしたのでついつい飲んでいました。

薬を勝手にやめたりしてはいけないと知っていたので、飲酒をしながらも薬の服用は続けたままでした。

<お酒による薬の影響>

%e3%80%8c%e3%81%8a%e9%85%92-%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%80%8d

お酒を飲みながら、薬を服用すると酔いが強く回るような気がしました。

ぐっすりと眠れるような気もしましたし、なにも考えられなくなりました。

しかし、その時は生きている現状が辛く、困難に思えていたので何も考えないのがかえって心地よかったような気がします。

友人もそんな私が少しでも元気でいてくれるなら・・・という想いで飲酒を止めなかったのだと思います。

病院で医師に、飲酒をすることは伝えていました。

すると数年たった頃に、定期的に肝臓の数値の検査をされるようになりました。

主に採血です。

採血の結果は次の診断の時に聞かされるような形でした。

私の肝臓は意外と元気で、飲酒と薬の服用をしていても数値が上がることはその時点ではありませんでした。



スポンサーリンク


しかし、何年かして胃が痛くなり内科へ行ったところ「脂肪肝だね」と言われました。

私はそんなに食欲旺盛でもないし、すごく太っているわけでもありません。

脂肪肝と言われたのは本当にショックでした。

精神科の医師に相談すると、肝臓が薬とお酒を一緒に処理するのには限界があるから少しずつダメージが蓄積したのかもと言われました。

その他にも、食事が不規則だったり、一気に食べたり、何も食べなかったりしていたのも理由の一つだったようです。

<うつ病の薬と飲酒>

うつ病の薬は気持ちをリラックスさせる作用のものが多くあります。

イライラを鎮めてくれたり、眠りにつきやすくしてくれたりします。

これらの作用を飲酒によって増強させてしまうことがあります。

私も飲酒によって、すぐに眠くなったり、ぼーっとしてしまって怪我をしてしまったこともあります。

普通の酔っ払いとは違う感覚で、量は飲んでいなくても記憶も残らないような状態になってしまいます。

薬の説明書には「飲酒が禁忌」のものと「飲酒は避けることが望ましい」と書かれているものがあります。

ですが、どちらにせよ飲酒は避けるべきだと考えます。

どうしても断れないお酒の席もあると思います。

そういう時は、なるべく多種のお酒を飲まないようにし、量も少なめに調整することが望ましいでしょう。

そして飲酒をしたから、薬を服用しないという勝手な判断は避けるべきだと思います。

事前に分かっている飲酒の機会があるのならば、医師に相談することも良いでしょう。

どうしても毎晩飲むのをやめられない人も相談することをお勧めします。

お酒は、楽しく適量を飲むことが心にも体にも良いことだと考えます。

医師に内緒にして飲酒をするのではなく、どうしても避けられない、やめられないというのは正直に伝えるべきだと思います。

そうすればお酒を意識しながらの治療を進めてくれることも出来るからです。

医師との疎通をうまく取り、うつ病を前向きに治療することが最も大事なことなのではないかと、私は思います。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク