チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は数年前に社会復帰するまで、約5年間うつ病を患って通院していました。

<うつ病になると動けない>

一時は入院を勧められるほど悪化しましたが、周囲の助けと自立の気持ちで今に至ります。

医師の対応も転院を繰り返したためか、様々でした。

「早く働いた方が治る」という医師もいました。

しかし、私はどうしても動くことがままならないほど気力がなく、落ち込んでいました。

睡眠薬を数種類服用し、日中も朝昼晩と抗うつ剤と抗不安薬など何種類も服用していました。

その為か、気持ちはリラックスしますが、ほぼ寝たきりのような状態になっていました。

不思議と夜は覚醒することが度々あり、行動は出来るのですが、対人恐怖もあったので限られた場所に行くだけでした。

漫画喫茶などによく行っていた記憶があります(徒歩圏内だったので)

<うつ病による運動不足>

%e3%80%8c%e3%83%8d%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%82%af%e3%83%88

こうした生活を2年ほど続けていましたら、体力がほぼなくなってしまいました。

少し日中外に出れるようになり、散歩をしてみようと思ってもすぐに疲れるのです。

夏などは、夏バテが酷く、暑さで動けませんでした。

公共交通機関に乗れなくなり、自分で運転し車を購入した時もあります。

その時は夜中にドライブに行ったりしていましたが、運転はあまり医師にも勧められませんでしたので制御していました。

そもそも、ドライブだけだったので運動とは言えませんし、体力は無いままでした。

そんな時に、いい加減働かなければという危機感があり、知人のところで少しだけ事務の仕事をしました。

午前中だけのパート扱いだったのですが、事務処理の手伝いのようなものでした。



スポンサーリンク


それだけでも、疲れ切って毎日なんてとても出勤することは出来ませんでした。

私の病気を知ってのリハビリのようなものだという事で、働かせてもらいましたが半年ほどで退職しました。

散歩しても疲れる、少し動けば疲れる、頭を使うことも疲れる。

私はその時何をしても疲れるという気持ちしか起きない心の状態と、体の状態でした。

<うつ病の人が行える運動とは>

dd

では、うつ病の人はどのような運動を行えばいいのでしょうか?

そもそも、うつ病の症状が酷い時は運動どころではありません。

少し落ち着いてきたころや、体調や気分が少しでも良い時に規則的でなくても行うことが良いと考えます。

私は「毎日歩かなきゃ」と考えた時もありましたが、それが達成できないと後悔と辛さに苛まれました。

そうではなく「出来るときに出来る分」で良いのだと思います。

有酸素運動でもある、ジョギングやウォーキングは脳の活性化にとても良いものです。

しかし、毎日朝2キロ歩く!と決めつけるのではなく、やれる時間にやれる範囲でいいのです。

そして重要なのは、あまり無理をしすぎないことです。

次の日に疲労が残るような運動は避けるべきだと思います。

本来は週5日程度運動できれば良いのだそうですが、初めのうちは週2,3回出来れば十分だと考えます。

私は、気分の少し良い時に近くの自動販売機まで歩いたり、公園でまったりと日向ぼっこをしたりしていました。

そうすると、夜に覚醒していたのが段々と、夜に眠り朝に起きるというリズムが出来てきます。

体内リズムを整えるためにも、少しの適度な運動は、うつ病の方にお勧めです。

ただし、体調が悪い時や、気分が乗らない時、症状が酷い時は絶対に【無理をしない】を念頭に置くことが重要だと考えます。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク