チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は数年前まで、うつ病と診断を受け、精神科に約5年間通院していました。

<うつ病の傾向>

現在は、社会復帰をし、うつ病だった自分のことを見つめなおせるようにまでなりました。

このように、時間がかかってわかることが沢山あることに気付きます。

一人ぼっちだと思い、孤独感に苛まれていましたが、沢山の身近な人が助けてくれていたこと。

自分が悪いと思い込み落ち込んでいましたが、誰も悪いことではなかったということ。

不幸が次々と起こっていたと思って悲観的になっていましたが、その中にも幸せがあったこと。

うつ病が過去のものとなったおかげで、色々なことが見えてくるようになりました。

そして前向きに物事を見ることで、考え方もずいぶん変わりました。

うつ病になる人が独りよがりだというつもりは、一切ありません。

なぜならば、その当時自分が独りよがりだったと思えないからです。

言うなれば「しょうがない」とういうことしか言えません。

病気の為に悲観的になり落ち込み、自分を責めるのは誰のせいでもないのです。

そして、その困難な精神的、環境的状況から【逃げ出したい】という防衛本能がうつ病を発症したと思うのです。

<うつ病のメカニズム>

「うつ病 仕事

うつ病になる前に私は、医師の診察を受けることもなく過ごしていました。

その時に周りの心無い人からは、「逃げているだけだ」「怠けているだけだ」と言われました。

仕事に行くこともままならず、本当に辛い状況だったので心の中をえぐられるような気持ちになりました。

しかし、これは、うつ病が「心の病」だからこその言葉なのです。

その理由は「目に見えない病気」ということです。

足を怪我していたり、目が見えなかったりすると周りの人は気付きますが、心の中は目に見えないので気づきません。

ましてや、うつ病はレントゲンやCT検査で発見できるものでもありません。

このことから、周りからの理解があまり得られないのです。



スポンサーリンク


しかし、近年うつ病がメディアや書籍で取り上げられることで周囲の理解も深まっていることだと考えます。

脳内のメカニズムの解明が進み、ドーパミンやセロトニンという物質が減少することも分かっています。

それでも、周りから言われなくても「逃げ出したい」と思うのはどんな心の状況なのでしょうか?

<逃げたいと思う心の中>

「朝4時」

そもそも「逃げてはいけない」という忍耐論は、誰が提示したのでしょうか?

それが蔓延し、うつ病で働けない、外に出られない人は逃げていると言われるのかもしれません。

しかし、「逃げる」という言葉が悪いのかもしれませんが、それが決して悪いことではないと私は思います。

うつ病になりやすい傾向の人は、頑張り屋さんで真面目で几帳面で完璧主義という定義がある程度示されています。

それを考えると、沢山の重圧や困難を出来る限り乗り越えようとした人の心が疲れてしまった状態を「うつ病」というのではないかと思うのです。

自分がそうだという訳ではありませんが、確かに仕事に関しては、人一倍頑張って無理をしていたと思います。

そして、その後辛い状況が重なり、身体的症状が出始め、人とのコミュニケーションが全く取れなくなってしまったのです。

その後そうなった自分を責め、何もやる気が起きなくなりました。

それが「逃げている」状態なのかもしれません。

それでも、その時、何も考えず何もしないことが、自分への負荷を一番少なくする唯一の方法だったのです。

無意識にその唯一の方法をとっていたのです。

ですから、今現在もうつ病でやる気が起きない、外出が出来ない、働けないと自分を責めている方がいらっしゃるかもしれません。

もしくは理解のない人に「逃げている」「怠けている」と言われている方もいらっしゃると思います。

しかし、そうではないことを自分自身で理解することで、前向きに病気に向き合えると考えます。

ひとつの【防衛方法】であることを、理解して医師と相談しながら治療することで回復へと向かえるのではないかと思います。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク