チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は数年前までうつ病と診断され、精神科に5年ほど通院していました。

<うつ病と診断されるかされないかの違いとは?>

一時は入院を勧められるほど症状が悪化し、本当に困難でした。

しかし、現在はゆっくりと社会復帰し無理のないように意識しながら働いています。

うつ病と診断されるきっかけは、家族からの勧めでした。

それまでパニック障害として、安定剤を服用していたものの、まさか自分がうつ病だとは思ってもいませんでした。

普通に毎日働き、子育てと家事をして友達も多くいましたので、意識もしたことはありませんでした。

確実に自分で意識をしたのは、記憶が無い状態があったことです。

それは、イライラしたり不安になって何度も同じことを家族に聞いたりしていると言われた時に自分では全く覚えがなかったのです。

その為、家族は行動や言動が以前と確実に違うこと、苦しく辛い状況が重なったことを考え、精神科への通院を勧めてくれました。

多分、家族に勧められなければ、私は軽い安定剤でごまかしながら、本当に危機的状態にならなければ病院へは行かなかったと思います。

うつ病と診断を受け、正しい治療を受けることもなかったと思います。

<うつ病と診断された時の自分や他者の対応>

「職場 いやみ」

私は、うつ病と診断を受けてから休職し、傷病手当をもらいながら生活していました。

1年6カ月を過ぎ、満了になってからは退職となりました。

少しの預金を切り崩しながら、両親の世話になり、子供を育てていました。

今考えると、色々な人に色々な負担をかけてしまったと思っています。

でも、家族はみな「お前が元気になってくれればそれでいい」と言ってくれました。

しかし、中には「うつ病って嘘をついて、仕事から逃げただけじゃないか?」と言ってくる人もいました。

「甘えて、怠けるために嘘をついて症状を深刻に医師に伝えてるだけじゃないのか?」とも言われました。

確かに私の生活を見れば、寝てばかりだったり、ぼーっとして一日を過ごしたりしてだらしない人と思われたのかもしれません。



スポンサーリンク


今になれば、そういう考えもあるということは客観的に考えることも出来ます。

しかし、その時の自分には到底受け入れられず、対人恐怖に陥りました。

更に症状は悪化し、外出も出来なくなりました。

<なぜ嘘をついてうつ病の診断をうけるのか?>

「役所」

私は、もちろん本当に辛く苦しく、早く治るものなら治りたい、前のように働きたい、働かなきゃと考えていました。

しかし、何故嘘をついてまで「うつ病の診断」を受ける必要があるのでしょうか?

それは、【国の助成を受けられるから】ということを知りました。

私が社会復帰の初めの一歩として、内職をしようと考え、その工場に面接に行った際に症状が悪くなってしまったことがあります。

いわゆるパニック障害の「過呼吸」になってしまったのです。

それを見た工場長さんが、内職をすることを受け入れてくれただけでなく「社会労務士」さんを紹介してくださいました。

その方は、私の状況を細かく聞き取り「精神障害認定」を受けるように勧めてくれました。

障害者の認定を受ければ、障害者年金を受け取ることができます。(もちろん条件は色々とあります)

その認定を受け、うつ病でなくても働かずに年金を受け取ることが出来る為、嘘の申告をして「うつ病の診断」を受けようとする人がいるのです。

私は子育て中だったこともあり、子供の将来の為にも何とか働けるようになりたいと考えたので、そのお話は断りました。

しかし、世の中には他にも精神病で苦しむ人を「生活保護」や「自立支援制度」など様々な国の手助けの方法があります。

生活保護は他にも生活に困窮している方にも該当するものですが、精神病で生活に困窮している場合にも適用される場合があります。

このように、精神病になると精神面だけでなく、生活についてなど、本当にたくさんの苦しいこと、辛いこと、困難なことがあります。

それを本当に必要としている人にではなく、嘘をついて診断を受けた人が受給するのは、とても憤慨する思いです。

どうか、この国の助成制度が精神病で苦しむ人が前向きに生きていくために、適用されることを願っています。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク