チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

私は数年前まで約5年間うつ病と診断され、通院治療をしていました。

<うつ病とお金>

現在は、社会復帰を果たしましたが、無理をしないように負荷をかけすぎないように心がけています。

しかし、うつ病になるという事はきれいごとだけでは済みません。

私は、うつ病になったことで、転居、休職、その後退職をしました。

家族とも接することが出来ないほど、対人恐怖症が酷く、医師との疎通もなかなかできない状態でした。

私はシングルマザーで子供を扶養していましたが、とても扶養できる経済状態ではありませんでした。

本当に、うつ病になって仕事が出来なくなるときれいごとでは済まないのです。

可愛そうとか、大変だね、と言ってくれる友人はいましたが、それでお金が増えるわけではありません。

子供は義務教育でしたので幸い、学校にかかるお金はありませんでした。

しかし、転居や転院をし、自分自身の病院にかかるお金すらもねん出するのがとても大変でした。

<お金が無くて大変なこと>

%e3%80%8c%e6%af%8d%e5%ad%90%e3%80%8d

お金が無いと普通の人は家族や両親に援助を頼むと思います。

私の場合は、誰とも接点を持つことが出来ず、一人で自分の心の状態と闘いながら子育てをしていました。

その為、病院へいくお金もなく、通院もままならない状態になっていました。

何日も不眠が続き、フラフラして立っているのも辛いことがありました。

それでも、学校の行事や、プリントの提出など色々と子育てには手間がかかります。

何もできない自分を責めて、症状が悪化し、入院を勧められたこともありました。

最後には、やはり働かなければいけない、でもてっとり早く、高額のお金が欲しいと思うようになりました。



スポンサーリンク


正直に言いますと、風俗やキャバクラで働くことも考えました。

しかし、対人恐怖症の自分がそのような笑顔で接客をすることなど無理だと思い、やめました。

<精神病の人への国の援助>

「役所」

病院へいくのもままならず、ましてや普通の生活も出来なくなりそうで貯蓄も尽きるころに、市役所に相談しにいきました。

子育て相談という形で、相談しに行きましたが、最終的には【生活保護】のケースワーカーさんに相談をするように勧められました。

私はその時、アパートに子供と二人暮らしをしていましたが、公営の住宅を勧められました。

そして、ずっと体調が悪く放置していた傷病手当金の申請を勧められ、重い腰をあげてハローワークで申請をしました。

なんとか、1年6か月間は傷病手当で生活を維持することができました。

その後は、【自立支援医療(精神通院医療)】という制度のお世話になりました。

その申請をすると精神科に限ってですが、医療費の負担が1割負担になりました。

これにはとても助けていただき、安心して定期的に精神科に通院することができました。

私は子供がおりましたので、色々と不安で申請をしませんでしたが、その他にも【精神障害者】の申請をすることも出来ます。

国は、申請することはとても面倒な書類提出や各部署を回らなければいけない大変さがあります。

しかし、ここだけは踏ん張って申請をきちんとすることで、お金の負担を減らし、安心して医療を受けられることに繋がります。

お金の苦悩は、うつ病を悪化させる要素になりかねません。

本人でなければ申請できないものが沢山あり、大変かと思います。

周りの協力をあおぎ、分からなければ役所に聞いて行動することがとても大切だと考えます。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク