ユウユウ

こんにちは、ゆうです。

今日は、精神障害者手帳の判定規準と、手帳をもらうにはどうしたらよいかについてお話しします。

【うつ病】等級と判定規準

精神障害者手帳は、精神障害の重さによって、1級から3級に分けられています。

各等級の、判定規準を見てみましょう。

1級 日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの(日常生活をひとりでは全く送れない状態、入院や施設に入所している場合も多く、意思の疎通が難しいこともある)

2級 日常生活が著しく制限される、もしくは、日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの(他者の手を借りれば、何とか生活出来るくらいの状態)

3級 日常生活もしくは社会生活が制限される、もしくは、日常生活もしくは社会生活に制限を加えることを必要とする程度のもの(一部他者の手を借りれば生活出来るくらいの状態、外見からは障害がわからない場合も多い)

このような判定規準で等級が分けられています。

では、次に、精神障害者手帳をもらうには、どうすればよいか調べてみましょう。

【うつ病】手帳をもらうには

a



スポンサーリンク


精神疾患で、6ヶ月以上通院して、症状が固定している場合、精神障害者手帳を申請する資格が得られます。

精神障害者手帳をもらうには、役所の障害福祉の窓口に申請する必要があります。

お住まいの市区町村の役所で聞いてみましょう。

申請に必要な書類は、申請書(窓口にあります、もらうには、家族の人でもかまいません)、本人の写真(手帳に貼ります)、医師の診断書、もしくは障害年金の証書の写し(障害年金を受給している人)です。

この診断書ですが、精神保健指定医または精神障害の診断、治療に従事する医師(てんかん、発達障害、高次脳機能障害などは、それぞれの専門の医師)が記入する必要があります。

精神障害者手帳の申請を考えたら、まずかかりつけの医師に相談してください。

精神障害者手帳をもらうには、申請書類を揃えて自治体の窓口に出し、管轄の精神保健福祉センターにおいて審査されて、判定規準を満たしている必要があります。

なお、障害年金証書の写しを添付していると、必ず、年金と同じ等級の精神障害者手帳が交付されます。

【うつ病】有効利用しましょう

このようにして、あなたの手元に届いた精神障害者手帳ですから、せっかくなので使いましょう。

税金関係や、公共施設の割引、公営住宅への優先入居、ハローワークの障害者枠への就職斡旋など、日常生活、社会生活で使える場面は色々あります。

ご自分のライフスタイルに合わせて、様々な場面で活用しましょう。

精神障害者手帳で、あなたの日常生活が、少しでも快適なものになりますように。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク