ユウユウ

こんにちは、ゆうです。

引き続き、精神障害者手帳についてお話しします。

今日は、精神障害者手帳と療育手帳の違いを見てみましょう。

【うつ病】あらまし

a

精神障害者手帳は、精神障害、アスペルガー症候群などの発達障害の人のための手帳です。

障害の重さに応じて、1級から3級までの等級に分かれています。

そして療育手帳は、知的障害者のための手帳ですが、法律で定められた制度ではないため、
療育手帳がなくても、知的障害の認定には支障がありません。

療育手帳の等級は、A1、Cなど、自治体によって違い、判定規準もまちまちです。

療育手帳は、18歳未満の時点で知的障害がないと交付されません。

例えば、認知症の方の場合など、18歳以上で知的障害を負ったケースは、精神障害者手帳が交付されます。

【うつ病】サービスの違い

精神障害者手帳も療育手帳も、障害という不便さを背負った人たちのためのもののなので、それぞれサービスや支援を受けられるようになっていますが、療育手帳が、鉄道運賃や飛行機のチケット、また有料道路の通行料金の割引があるのに比べ、精神障害者手帳は、自治体によってバス代などの割引があるくらいで、交通機関系のサービスは、療育手帳の方が充実しているという違いがあります。

また、療育手帳を持っていると、進学の際に、特別支援学校を選ぶことも出来ます。

【うつ病】申請手続き

l



スポンサーリンク


まず、精神障害者手帳の場合、
申請書、診断書もしくは障害年金証書の写し、写真、これらを、自治体の窓口に出します。

そして、精神保健福祉センターで審査が行われて、精神障害者手帳の等級に相当した場合、手帳が交付されます。

療育手帳の場合、自治体の障害福祉関係の窓口に申込みますが、精神障害者手帳と違い、児童相談所(18歳以上の場合、知的障害者更生相談所)で判定を受けます。

その判定結果に基づき、各都道府県知事または政令指定都市の市長から、手帳が交付されます。

精神障害者手帳の申請には、医師の診断書代がかかりますが、療育手帳の申請は無料です。

なお、療育手帳は場所によって呼び方が違い、判定機関も異なったりすることがあります。

【うつ病】その他の違い

精神障害者手帳と、療育手帳の大きな違いのひとつに、更新の間隔があります。

精神障害者手帳が2年毎に更新する必要があるのと違い、療育手帳は、再判定時に更新を行います。

療育手帳の再判定は、年齢や地域によって間隔が違います。

そして、転居した場合、精神障害者手帳は、住所変更手続きで済みますが、療育手帳はそれとは違い、再発行が必要書類なる場合があります。

このように、両者には違いがいくつかありますが、不便さを少しでも解消するための支援やサービスを受けられるという点は共通です。

そして、どちらも、デメリットは、持つ人の抵抗感や恥ずかしさしかない、という点も同じです。

障害を受け容れることは、時に難しい面もありますが、自分らしく生きるために、活用出来る支援は、堂々と活用してもよいのではないでしょうか。

自分に合った手帳を(時には両方とも)申請して、よりよい人生を送るツールのひとつとして、活用していきましょう。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク