チェルシーチェルシー

こんにちは、チェルシーです。

デパスを服用していた期間は5年間ほどです。

うつ病を発症したため、抗不安薬として処方されました。

うつ病と診断される前にも「過呼吸」があり、頓服的に服用していた時期もあります。

デパスは抗不安薬の中でも、頼れる安心感のある「国産品」です。

その為か、効果が高いことも加わって様々な医師に選ばれる薬です。

ジェネリック医薬品も数種類発売されており、人気は絶大といったところでしょうか。

筋肉をほぐす作用もあるため、整形外科などでも処方されています。

<デパスによる副作用>

illust04

 

様々な症状の緩和に効果の高いデパスですが、もちろん副作用もあります。

主な副作用は【眠気】【倦怠感】【焦燥感】【ふらつき】などが挙げられます。

私は初めてデパスを服用した時は、体が「休みたい!」と言っているように動きがスローになりました。

眠気ももちろんあり、急に立ち上がろうとするとふらつきが起きました。

慣れも関係してくるとは思いますが、しばらくするとその症状は落ち着きましたが、それが副作用だったのだと思います。

ふらつきというのは、立ちくらみにも似ていますし、地に足がついていないようなフワフワした感覚もありました。



スポンサーリンク


その為、薬局で薬をもらう際に付いてくる「情報用紙」にも、高所作業の方や運転をする方に注意が促されています。

【デパスの副作用】 <ふらつきに注意が必要な人とは?>

デパスの副作用にも記載される「ふらつき」は、特に【高齢者】の方と【減薬をする際】に注意が必要です。

デパスによるふらつきは、飲み始めに効果が出てきたときと、減薬・断薬をする際の「離脱症状」によるものがあります。

高齢者の方は特に足腰が弱く、骨も成人と比べ丈夫ではありません。

デパスでふらつきが起きた時に高齢者の方は転倒しやすくなり怪我をしてしまう可能性もあります。

ですので、周りのご家族や付き添う人の注意が必要となります。

もう一つの【離脱症状】は、デパスを止めようとする際におきる症状です。

デパスは依存性が高く、禁断症状のように体に不調を及ぼすことがあります。

それが【離脱症状】と言われ、その為慣れてきた薬を止めてしまうことで、ふらつきが起きる場合があるのです。

【離脱症状】が起きている時のふらつきはタイミングがわからず、若い方でも危険です。

逆にその症状がつらくなり減薬・断薬を中止する方もいらっしゃいます。

実際に私も急に自己判断でやめていた時期があり、少しの間でしたが体の不調にとても悩まされました。

極端にふらつきが起きる場合は安静がもっとも大切です。

そのうえで医師の管理のもと少しずつ減薬・断薬をすることが望ましいでしょう。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク