[うつ病]私について

初めまして。

関東に住んでいる美代子と言います。

もうアラサーですが、うつ病は中学3年生頃からなので、10年以上になります。

今飲んでいる薬はサインバルタ、デプロメール、安定剤にデパスとレキソタンです。

読書をしたり、絵を描いたり、作品を作ったりぼーっとするのが好きです。

たぶん軽いアスペルガーもあるんじゃないかと会社の人に指摘されましたが、まだ検査していません。

最近ではポケモンgoとガリガリ君のメロンパン味にはまっています。

[うつ病]私の最初のアルバイトと辞めた理由

私は8年間アルバイトを続けました。

きっかけは進学校に行ってたのに鬱状態で受験もせず、半分引きこもりの状態で卒業した私を見て母親が、このままでは娘がニートになると心配し、月に4万円家に入れて、と言ったことからでした。

フリーターの途中から始めた大学受験で出られない月もありましたが、高校を出てから大学4年生までずっと続けていました。

そこでの人間関係、周りの人の優しさに助けられた時期もありました。

しかし、結果的に自分の病んだ歴の中で一番大きかった出来事、『入院』はそこでの人間関係の疲れが大きな原因でした。

バイトをやめるきっかけになったもの人間関係でした。

[うつ病]お局さんとの空気が最悪に

バイト先は映画館で、入り口でお客さんの対応や案内をして、後ろで清掃や映像のチェックをする、という部署でした。

ある日、私は後ろの様子を見て、特に混雑もしていないし人数も足りていると判断し、清掃には回らず入り口で新人の子に仕事を教えていました。

その後、清掃をしていたお局さんに文句を言われ、入院して以前よりも自我が強くなっていた私は軽く反論しました。

「自分はちゃんと後ろの様子を見て、大丈夫だと判断して教えていました」と。

今までおとなしかった私が反論し、自分に逆らったのが気に食わなかったのでしょう。

それから空気が一気に変わりました。

同じタイミングでバイトに入り、7、8年一緒に仕事をしてきて、姉御肌の頼りになる気の強い人でした。

自分の代わりに他の人に注意をしてくれる時もありました。

でも仲が悪くなったら最悪でした。

私は大学3年生の秋に、バイト先の大学生との人間関係で病んで入院しました。

バイト先では平日は、大学生は夕方~夜に、主婦の人は家庭のこともあり朝~夕方に入るというパターンがほとんどでした。

だから他の大学生にもう関わりたくない私は夜の時間帯を避けていました。

でももう、お局さんのいる昼間にも怖くて出ることができなくなりました。

その時期は大学の卒業制作と学祭があり、幸いシフトにもほとんど入っていおらず、残ったシフト内でお局さんとも被ってはいませんでした。

次のシフト希望を出す時期になり、今月で辞めさせてくださいと伝え、出なければならないシフトを出た後、退職手続きもせずに逃げるように辞めました。

映画館は私にとって初めてのアルバイト先でした。

このバイト先で、うつの症状が良くなり大学に行きたいと思えるようになったことや、夏期講習、冬期講習、受験前でシフトに全く出られない時も配慮してくれた恩もあり、なるべく続けられるように頑張っていました。

でも、結局人間関係で全てが駄目になり辞めてしまいました。

お局さん事件以外にもうんざりするような事ばかりでした。

給料が安いと文句を言いながらやめて人間関係に固執してまた出戻りした大学生。

遊びに行きましょう行きましょうと半年前から約束して、一週間前に突然ドタキャンしたり、ひどい八方美人の女の子。

バイトを辞めた後、他の人から初めて聞くようなゴシップを聞いて、その人への見方が変わってしまった事もありました。

今は偶然にも高校でクラスが一緒だった女の子の連絡先以外は全て消去しました。

バッサリと人間関係を切っても私には特に困る事がありませんでした。

あれほど鬱陶しかった今までの人間関係は一体なんだったんだろう、と不思議な気持ちになるほどでした。

[うつ病]結婚式場のアルバイト

大学に入ってから、結婚式場のサービスと洗い場の仕事をしました。

仕事先はほぼ固定されていたのですが、派遣という形での仕事です。

サービスとは、式場内に料理を運んだり、ドリンクのオーダーを受けたり、食器を下げたりする仕事です。

私はファミレスのウェイトレスすらやった事がないのですが、洗い場は人が埋まっていて、ものは試しダメなら辞めようという事でサービスの仕事を始めました。

時給は1200、1300円で仕事は大変でも、1年耐えました。

が、つくづく自分には飲食は合ってないなと思いました。

華やかな式場内に比べ、裏方はものすごいバタバタです。

ベテランも初心者も同じ仕事内容で、頭なんか周りません。

初めてということもほとんど配慮してもらえません。

コツコツと靴音がする硬い床にシルバー(フォークやナイフ類)を落としたらどうしよう…といつもビクビク。

椅子やテーブルがぎっちり、配らなきゃいけないものは写真撮影でお客さん不在で配れない。

頼まれたものを運ぶ最中にオーダーを受け、それを他の人に何列の何番の席の人に何をお願いします、という事を頼んだり、頼まれたりします。

私は焦ると頭がフリーズします。

おそらくアスペルガーのせいなのかなと、思いますが。

自分には式場内での配膳はできないので、持ち場を変えてもらい、ようやく落ち着いて仕事ができるようになりました。

しばらくして、また式場内での仕事を頼まれるようになり、無理だと言ったのにどうして?話が違う、本当に無理だできないと思い、出るところを出て派遣先からの電話も無視していました。

その後、もっと規模の小さい結婚式場で、しっかり担当の人が指示を出してくれる場所に行くことができました。

そこでの仕事は以前より楽しくすることができました。

でも人生での晴れ舞台での結婚式場にふさわしい配慮をするのが苦手で、そのうちに配膳する皿の枚数が3枚4枚運ぶことを期待され、負担になってきました。

私は物をよく落としたり、手先が器用なのに緊張すると手がこわばったりします。

こんなことは、他の人に言っても理解してもらえません。

できないのに、大丈夫できるよ、できるよと言われて期待されるのがすごいプレッシャーで、そうしてるうちに洗い場に空きが出たのでサービスをやめて移りました。

洗い場は汗でグチャグチャになっても、すっぴんでも、汚れても全然気にせず仕事ができました。

でもお客さんの人数ではなく、件数によって洗い場に入る人数が違うので、40人が4件で計160人だろと、100人が4件だろうと洗い場にいるスタッフの人数は同じでした。

それに加えて、派遣元は人数を埋めることしか考えないので、やる気がなくて全く働かず、いない方が良いほどの人がいることもしょっちゅうでした。

お客様へ接する部署のスタッフから、通らなければ持ち場に行けない場所を通るなという、わけのわからない扱いを受けたり、汗だくになって働いても、キラキラしたサービスのスタッフと上の人からの差があるのは歴然でした。

大学3年の夏に映画館と掛け持ちして16万稼ぎましたが、夏休みが終わって一気に体調を崩し、11月に入院するのをきっかけに辞めてしまいました。

[うつ病]もう一つの結婚式場バイト

式場の造形物を作る会社でもアルバイトをしました。

逆にここでは過剰なコミュニケーションだらけでした。

どう考えても終わりそうもない作業を必死でしている近くで個人的な趣味のBGMを流す、大学生の飲み会のようなハイテンションでのミーティング…

書けばキリがありません。
とにかく、こんな糸を引きそうなコミュニケーションをしている職場は自分には合わない、と実感しました。

[うつ病]実は

私は先月会社を退職した身です。

会社の人はとても良い人でした。

でも、どちらかと言うとブラックなのだと思います。

小さい会社でしたが、忙しく、周りの人はプロフェッショナルな人ばかりでした。

空いている所に入ったのですが、そことを担当する先輩に当たる人がいないので、事務の人や上司の人に少しずつ教えてもらいました。

やったことがなくても、向き不向きはやらないとわからない。

今まではずっとそう思ってきました。

結婚式の配膳、半分引きこもり状態からの映画館のアルバイト、無理なら辞めれば良いんだから。

でも会社は自分は正社員で、一人暮らしも始めていたので辞めるに辞められませんでした。

まだいける、自分の頑張りが足りないからだ、と思い、できるだけ続けようとしました。

上司にあたる人は、良い人でしたが、気分屋でもありました。



スポンサーリンク


今日の機嫌はどうなのかな、と毎朝気にするのがいつの間にか日課になっていました。

私は周りの人の機嫌にすごく左右される人間です。

空気が悪くなっていると、明らかに自分は何もしていないのに、自分を責めて落ち込んだりしました。

だから会社で自分が専門的にできることがない状態では、常に周りの人に指示を仰いでいました。

自分がやっていないことも、自分ではありませんと説明できないから私のせいになる、ということもありました。

私は手先が器用で、パソコンも使えます。

製図用のソフトも使えるようになりました。

でもいろいろできるから、いつのまにか便利屋のようになっていました。

病院に通う時間もなく、精神的にもいつの間にか不安定になっていて、毎日死にたい状態でした。

その後、会社の人にいろいろ配慮してもらい、違うところにも行きましたが、最終的には組織に属さずに自分の得意なことを延ばして仕事にする方が良いという結論を上司と出し、退職することになりました。

お世話になった事務所で「なんでもできる人は何にもできない人」という言葉を教わりました。

私は美大に行きました。

だから自分の得意なこの美術分野を誰にも負けないように延ばすことにしました。

[うつ病]私よりも上手な人はたくさんいる

私が美大に行ったのに、会社への就職を選んだのは、私よりも絵が上手な人はたくさんいる、という理由からでした。

それがネックになっているという話をすると、「そんなこと言っていたらキリがない、自分のやりたいことにはわがままで良いんだよ」と言ってもらえました。

[うつ病]やっぱりアスペルガーかも

私は以前からうつ病ではないけど、自分は何だか変だ、という自覚がありました。

最近アスペルガー、発達障害という言葉を知りましたが、それ以前にやはりパニックになって頭がフリーズしてしまう人についての新書を読んで、自分はこれではないか!と思っていたのがADHDやアスペルガーでした。

巻末に記載されていた病院に予約を入れようとしましたが、患者が殺到するので予約は月に1日だけで、開始時間も決まっていました。

その日を待って電話をしましたが、ずーっと通話中でつながりません。

その後、アスペルガーという言葉も忘れ、大学に入ってからは日常生活に特に問題はありませんでした。

しかし会社に入って、困ることはアスペルガーの症状に当てはまるものばかりでした。

上司の方の親戚にはアスペルガーの人がいるそうです。

その人と私の様子を見て、それ以前に私が精神的に病んでいることを話してあったので、そうではないかな?と思ったそうです。

[うつ病]これからの仕事の決め方

私は、他の人ができることはできないんだな、と思うようにしました。

それが劣ってるとかではなく、自分には無理、向いていないんだと。

以前の日本は第一次産業が主な産業でした。

農業、林業、水産業です。

その次が第二次産業です。

第一次産業で採取されたものを加工したり、電気、ガス、製造業、工業などがこれに当てはまります。

そして第二次産業に当てはまらない小売業、サービス業が第三次産業です。

光文社新書出版の【「生きづらさ」について貧困、アイデンティティ、ナショナリズム】(雨宮処凛、萱野稔人著)によれば、(以下本文より引用)

「いまの日本の産業構造を見ると、製造業はどんどん人件費の安い海外へと工場を移してしまい、国内にあるのは、マネジメントとか企画、営業や研究といった本社機能的な仕事ばかりになっています。

実際に体を使ってモノを作るというよりは、組織を運営するとか、アイデアを出すとか、プレゼンをする、ディスカッションをする、交渉する、分析をする、戦略を練る、といった仕事がお金を生み出す中心的な基盤になっている。

こうした仕事は当然、高いコミュニケーション能力を要求します。」

コミュニケーションは一人では成り立ちません。

誰か他の人と関わり、そこには必ず人間関係、対人関係が生まれます。

アドラー心理学では「人間の悩みは全て対人関係の悩みである」とあります。

今の世の中にある仕事には高いコミュニケーション能力が必要で、コミュニーケションに非必要な対人関係が人間の悩みの全て、というわけです…。

そんな事言われたら何もできないじゃないか、と泣きそうになります。

もちろん農業や林業、水産業でもコミュニケーションは必要です。

でも今の会社のように一日中デスクに座り電話をして、パソコンや書類と向かうという仕事に必要なコミュニケーションとは明らかに異なります。

毎日会社に通って、このような仕事内容が一般的であっても、大勢の人がそうしていても、(たぶん)アスペルガーでうつ気味な自分にはできない、一時的にできても続けられない、と諦めることにしました。

産業の構造的にコミュニケーションで苦労しない人が仕事をしている、出世する、そういう人がほとんど、仕事とはそういうもの、だからみんなができるように見えるけど、そんなこと気にしてもしょうがない、と思うようにしました。

[うつ病]会社を退職してから

以前少しだけやった式場の造形のバイトをして貯金をしてから、失業保険を申請しようと思い、連絡を入れてまずは数日やってみようと思いました。

…無理でした。

もうここのバイトは時給が安くて、ストレスが貯まるだけで、おしゃれしてお小遣い稼ぎをするノリの大学生を一緒にやる仕事ではないな、と思いました。

パン工場の短期のバイトもやってみました。

もう、ひたすら、ただひたすら単純作業です。

でも私にはあっていました。

もともと単純作業が好きで、頭を使って体を使う仕事よりも、手だけを動かしてる単純作業はとても気が楽でした。

数日だけの超短期というのもあっていました。

工場までに向かうバスの中で、前日に入った現場らしき人が短期の悪口を言っていました。

目元以外はマスクと作業着と帽子で誰が誰だかわからないので、同じバスに乗り合わせているのに気がつかなかったようです。

おそらく長期のバイトで辞める時期が未定だったら、黙っていたと思います。

でももう今日で終わりだ、言わなかったら後で後悔すると思い、「ダメな短期でどうもすみませんね」と謝りながら、嫌味を言いました。

怒鳴ってばかりのレーン作業の担当にペコペコすることもしませんでした。

天板を渡しながら「上、上!!」と怒鳴りますが、そもそも明確な説明がないので、どの上なのかわからないんだけど何言っているんだろう、と内心思っていました。

前日に別の人が、もう一人の短期の人に指示を出し、「そっち側はやらなくていいよ」と言っていたことを、そのままやらなかったら半ギレされて、他の短期の人と一緒に「はぁ」みたいな調子で右から左に流していました。

[うつ病]派遣、日雇い、短期の仕事

派遣の人に対する扱いは、とても雑だと言います。

派遣の人は労働力が人の形をした商品で、人件費ではなく物件費のような処理のされ方をする、という話を聞きました。

短期すぎて、人間関係の形成ができないことも問題になるそうです。

でも私は美術の分野で食べていくと決めました。

派遣では与えられた仕事を真面目にこなします。

でも職場での人間関係は私にとってはただのストレスでしかありません。

高校を出て、今日に至るまで、私にとって今後も繋げたいと思う職場での人間関係は半年だけ働いた会社の人達だけです。

8年続けたアルバイトの人間関係すら、有益にはならず私にとっては害になるだけでした。

だから職場は職場、きっちり働くだけと割り切ります。

1つの職場に固定して、出る日をきっちり決めるのも今の自分には合わないと思い、日雇いの派遣にいくつも登録して、体調に合わせて仕事を選り好みすることにしました。

でも、私がフリーターとして仕事をして、半分引きこもりのニート手前、という状態から少しは普通の生活送れるようになったのは、月に家に入れる額を母に言われて固定でのバイトをしたおかげもあると思います。

今のような派遣の最低1日のような働き方では、とても立ち直れなったでしょう。

[うつ病]障害者枠

障害者枠というものも気になっています。

でも担当の先生曰く、私は鬱状態であって、鬱病ではないそうです。

だから障害者手帳をもらって障害者枠で働くというのは、なかなか難しそうです。

でももし次に会社に勤める時は、自分のためにも、働く会社のためにも自分の精神的な状態を話してからにしようと思いました。

今は短期で、人間関係も作らず、元気な時に一気に貯金して、それからまた考える、自分の強みはきっとある、そう信じてまずは頑張ろうと思います。

どうせ自分の代わりはいるんだから、働き方にもっとわがままになって、もっと自分の気持ちを優先させよう、と働くことで少しずつ自分の事もわかってきた気がします。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク