まゆみまゆみ

こんにちは、まゆみです。

今回はリーマスについて書いていきたいと思います。

私は32歳の専業主婦です。

主人はサラリーマンです。

子どもは一人です。

育児と家事と毎日バタバタですが、病気とうまく付き合いながら一生懸命頑張っています。

私は双極性障害Ⅱ型です。

でも初めて行った病院ではうつ病と診断されました。

ですからはじめの病院ではうつ症状を改善するのに強い3環系の抗うつ薬を飲んでいました。

別の心療内科に変わって、1年が経った頃に双極性障害Ⅱ型という診断名になり、このリーマスという薬を飲み始めました。

【リーマスについて】リーマスの効果

リーマスは双極性障害の治療薬として多くの効果を持った薬と実証されているものだそうです。

だから、急性期のそう・うつ症状の第一選択薬の1つに推奨されているようです。

薬なので、人それぞれ効果は違うのが当たり前ですが、だいたいは他剤との併用が多いと思いますね。

私もリーマスとSSRI、抗うつ薬、非定型抗精神病薬との組み合わせでした。

リーマスは気分安定薬なので、躁状態の上がりすぎた状態とうつ状態の沈んだ状態の、気分の波を小さくして安定化させる薬の一つです。

双極性障害は、双極という字の通り、二つの極があり、上か下かの極に気分が乱高下します。

例えば上の躁状態ですと、気分が上がりすぎて、止められないほどの衝動で、人を傷つけてしまうことがあったりします。

イライラして暴言や暴力が出て、人とのトラブルやケンカも多くなります。

自動車の運転が荒くなったり、平気で信号無視をするなど危険な行為も見られます。

莫大なお金を1日でつかってしまったりもするのです。

色んな考えがどんどん浮かんで、何もかもがうまくいくような気がします。

止められても、ずーと話し続けます。

上がりすぎると、自分が神様や超能力者になった様な気になります。

最後には支離滅裂なことを言いはじめ、服を着なくなるという状態になったりします。

でも、実際に冷静に考えられるようになった時には、その上がり過ぎていた時の自分の状況をあまりよく覚えていないということが多いようです。

逆に、下のうつ状態ですと、気分が沈んで憂鬱な気分が続き、自己批判的になります。

集中が困難になり、注意散漫で趣味や娯楽をしなくなります。

虚しさが気分の大部分を占めて、いろいろなことにマイナス思考になります。

外出がおっくうになり、家に引きこもるようになります。

それを過ぎると、逆に無感情になって、物事について何も考えることが全く出来なくなってきます。

会話をしなくなり、夜もほとんど眠れない状況になります。

強い不安から強い罪悪感にさいなまれるようになり、仕事や家事が出来ないことを自分で自分を責めます。

自分は生きていてはいけないんだというように、究極に自分を責め続けてしまいます。

こんな辛い気持ちに疲れ果てて、最悪の場合は自殺してしまう状況になってしまいます。

躁状態もうつ状態も究極な気分や思考、行動まで書いたので、ここまでひどい状況ではないとしても、双極性障害の人はこの症状に多かれ少なかれ苦しんでいます。

そんな乱高下する気分の波を少しでも小さくするように作用してくれるのが、このリーマスという薬です。

私は、このリーマスを飲んでいるときは、本当に気分の波を小さくしてくれているのだろうか?と思うこともよくありました。

というのも、私は双極性障害Ⅱ型で、うつ状態がほとんどであることと、躁状態になるということがあまりないという症状だからです。

逆に、躁状態の時は気分も晴れやかで、こんなに身軽に家事や物事をこなせるなんて幸せだと感じるのです。

しかし、その躁状態も2カ月も続かないことがほとんどですから、下がり続ける気持ちをあげてくれる薬だと認識していました。

大きなサイクルで言えば躁状態の時があって、うつ状態の時があるとくくれるのですが、私が実感しているのは、ほんとに小さい躁とうつのサイクルなのです。

例えば、3日調子がいい日が続くと、その次の日から1週間は寝込むとか。

週単位であることも、よくあります。

もっと言えば、今、何もできない自分を責めて死にたいという気持ちが抑えられなくなっていたかと思ったら、急に気分が楽になり、テレビを見て大笑いをするといったように。

気分の波が、1日単位、分単位でくる場合もあります。



スポンサーリンク


どうしてさっき、あんなに死にたくなって涙がぽろぽろ出たんだろうか、なんで急に笑えるようになったのか、あとから考えても自分でもよくわからないのです。

出来れば、このころころと変わる気分の波を小さく出来れば少しは楽なんだろうになぁと思います。

リーマスが効いているのかよくは分からなかったですが、私の気づかないところで、このリーマスという薬はこの波を小さくしてくれていたのかもしれません。

【リーマスについて】血液検査

リーマスという薬は、リチウムを適正に使用するためには、定期的に血中濃度を測定することが重要みたいです。

血中濃度を測定することでリチウム中毒などの重篤な副作用を未然に防ぐことができるようです。

リーマスは少量過ぎても効果がないし、多すぎると中毒を起こしてしまうという少し怖い気もする薬です。

実際には、先生の指導の下で適正な量を飲んでいればリチウム中毒を起こすことはほとんどないそうです。

ただ、リーマスを飲んでいて、手が震えてきたり、やたら眠気が来るとか、嘔吐・下痢になったり、汗がやたら出るとか発熱などの症状がでたら、すぐに先生に報告するべきです。

もしかしたら、リチウムの血中濃度が高くなりすぎたリチウム中毒の症状かもしれないからです。

また、風邪などで熱が出ると、体から水分が失われるために脱水状態になり、血液が脱水によって濃縮されるので血中濃度が上がる原因になります。

夏場などは、最近は40度近くも気温が上がるため外にいるときはもちろんですが、家にいる場合でも脱水症状には十分気を付ける必要があると言えます。

極端なダイエットも良くないと聞いたことがあります。

あと、リーマスを飲んでいてほかの薬を飲む場合にも注意の必要な薬があるということです。

ロキソニンやボルタレンなど腰痛やくびの痛みなどの時や普通の頭痛でも痛み止めとして飲むような薬でも注意が必要みたいです。

リーマスを飲んでいる人は、1ヶ月に1度、もしくは数カ月に1度は血液検査が必要だし、日常の生活にも注意したり、ほかの薬を飲むときでも大丈夫なものか少し考える必要があるのですね。

そして、リチウム中毒かもしれないという症状が出た場合には、早急に先生に相談しなくてはなりません。

【リーマスについて】リーマスの副作用

リーマスの副作用には、血液検査のところで少し書きましたが、手の震えとか吐き気・嘔吐・下痢などの消化器症状とか倦怠感などがあります。

他にも、にきび・発疹などもあるようです。

あと、甲状腺機能低下症といって、甲状腺ホルモンの働きを弱めてしまうこともあるようです。

稀にですが、腎機能の障害が出たりするみたいです。

のどがやたら渇くとか、のどが渇くために飲む水の量がふえて、尿の量が増えたりすることで、腎臓にダメージを与えることもあるようです。

リーマスを飲んでいる場合は、定期的に血液検査も必要ですが、尿検査も行い、腎臓がダメージを受けていないかを確認する必要があるのです。

私の場合、ただリーマスだけ飲んでいる訳ではなかったので、手の震えがこのリーマスのせいなのかはわかりませんでしたし、倦怠感についても、うつ状態の症状とも言えるので何とも言えません。

私は約1年間リーマスを飲みましたが、中止になりました。

現在、私は甲状腺機能低下症でチラーチンを飲んでいますがリーマスを飲んでの副作用によるものかは、ちょっと不明です。

リーマスを飲むことでリチウムの血中濃度が上がったからだったのではないかと思っていますが。

【リーマスについて】リーマスを飲んで太るのか

リーマスを飲んで太ったということは、あまり聞いたことがありません。

私自身も特に感じたことはありませんでした。

ということで、リーマスは気分安定薬としては古いお薬で効果も十分に認められているお薬です。

しっかりとした効果のあるお薬ですが、副作用もそれなりにあるため、しっかりとした注意をはらわなくてはいけない薬ともいえます。

中毒症状に注意しながら、また他剤と併用しながら自分の症状が少しでも軽くできればいいですね。

あなたはうつ病だから受けられる公的資金や援助をご存知ですか?



うつ病になって毎日の生活が本当につらい。

精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも・・・

本当にそうですよね。

私なんて、うつ病になって仕事もろくにできず、お金を稼ぐこともままならず、本当に辛い人生を送ってきました。

でも!

私はあきらめませんでした。

そしてわかったこと。

それは、知っているともらえる公的資金。

そして知らないと一生もらえない。

この情報格差が今の日本の福祉です。

まさに知っているか?知らないか?

これで、毎年数百万円の援助がもらえるか、もらえないかなのです。

私が死ぬほどつらい時期に必死になってかき集めた公的資金や援助について、あなたは知りたいですか?

わかりました。

では、7日間限定でこちらから申請された方にだけ無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒公的資金や援助についての情報がほしい方はこちら

(ただし、あまりにも一般常識のない、クレームばかりおっしゃる方は申請をしないでください。)



うつ病ニートの僕がどのようにして月収322万円を達成し、自由な人生を手に入れることができたか?



うつ病が治らなくて自殺しようと何度もおもい、実際に行動に移したあのころのばかな私。

仕事もできず、自宅で引きこもり、将来の不安から逃れらなない、あなたと同じ典型的なうつ病患者の一人でした。

そんなどん底の私でもできた、世界一簡単な方法でうつ病を治した方法をあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

さらに、経済的な自由も手に入れることができた私は、今では会社に行くこともなく、在宅で月収322万円を達成しました。(年収ではなく月収です)

そんなことが今のネット時代では本当に可能なのです。

あなたも、人間関係の悩みゼロ、経済的な悩みもゼロ、うつ病の苦しみもゼロ

そんな夢のような世界を一緒に掴んでみませんか?

30秒で終わるこちらの簡単なアンケートにお答えしてくださったら、私がたどった最短ルートをあなたに無料でお伝えしていきたいと思います。

⇒30秒アンケートに答える



15年苦しんだうつ病をたった半年で改善した、薬を一切使用しないうつ病治療とは?



私は15年もの間うつ病という恐ろしい病気に人生を支配されていました。

もう一生この状態から抜け出せないものだと思っていました。

しかし、ある治療法との出会いで、私は4年間一切再発することなくうつ病とは無縁な人生を送っています。

あなたもうつ病で日々苦しんでいるとしたら、私の治療法をご紹介いたします。

⇒詳細はこちらからどうぞ



スポンサーリンク